水素水の生成方法による違いと種類

水素水の製造方法には「水素ガス注入方式」・「電気分解方式」・「化学反応方式」があります。

 

水素水には、生成方法による種類があります

 

電気分解による水素水生成

水の中にマイナス極(陰極)を沈め、電気分解して水素を発生させる方法です。
水素水サーバー比較ランキング

 

携帯水素水サーバー比較ランキング
 (商品によっては、電気分解式や化学反応方式などがあります)

 

水素生成剤・ペットボトル圧力方式タイプ

(現在一番水素濃度の高い水素水が生成できるタイプ)
水素生成剤・ペットボトル圧力方式タイプ水素水比較ランキング

 

水素ガス充填方式による水素水生成方式

水素ガス注入方式の中でも2通りの方法があります。高圧をかけて、水の中に水素ガスを注入させる加圧式溶存方法です。
中でも現在の水素水の製造方法の主流となっているのが、ナノバブル製法やマイクロバブル製法と呼ばれる非常に細かい気泡を水に溶けこませることで高濃度で溶存水素量の多い水素水を生成することが出来ます。
加工された水素水は、水素が逃げないようアルミ製の容器に充填することで、水素溶存期間が長く保つことが出来ます。
アルミパウチタイプ水素水比較ランキング

 

化学反応方式タイプ

(金属のアルミニウムやマグネシウムを利用した水素水生成)

金属のマグネシウムと水を化学反応させて水素を発生させる方法で、水素水生成スティックを利用し生成します。
水素水化学反応方式タイプ比較ランキング