水素水とは?

水素水とは?

現在一般的に言われている水素水というものは、水の中に水素が多く含まれている水になります。
水はH2O、水素はH2になります。現在の研究で老化や病気の原因の元となるものは「活性酸素」と言われているものがあります。

 

この活性酸といわれるものは、体をサビ化してしまう。酸化さあせてしまうといわれています。
この酸化が老化や病気、アレルギーなど、万病の元といわれているのですが、なるべく酸化させない、酸化を元の状態にもどす(還元)ことが非常に予防医学として注目され、研究されています。

 

水素は、酸化したものを還元する力が非常に優れているので、水に水素を溶存させ体に取り込むことに注目されているわけです。
体に取り込んだ水素は、先にもお話したように、強い還元力があるので、体にある活性酸素と結びつき水になり、体の外へ排出されます。

 

水素水には、水素がどのくらい水の中に溶けているか?を表す単位でppb、ppmが使われます。1ppm=1000ppbになります。
ppmの数値がおおきければ大きいほど水の中に溶けだしている水素の量は多いものとなります。これを溶存水素濃度といます。

 

かし、水素の分子は宇宙一小さいという特徴があるので、どんな容器に水素を入れても容器の外に逃げ出してしまいます。
そのため、販売されている水素水には、この溶存水素濃度の表示が無いものもあります。
この溶存水素濃度は、水素水を作る時に、圧力と温度によって変わります。圧力をかければかけるほど、水素は水の中に溶け込むので、溶存水素濃度は高い数値になります。

 

しかし、どんなに高圧で溶存水素濃度が高い水素水を作ったとしても、時間の経過によって、水素が抜けだしてしまい。ただの水になってしまいます。
販売会社によっては、作り置きしないで作ったらすぐ発送する仕組みと、どのくらい水素が持つのか期限を記入している会社もあります。