水素生成剤・ペットボトル圧力方式タイプの比較ランキング

最近流行の水素水生成剤を利用した水素水です

 

メリットは、自分で簡単に水素濃度の高い水素水をつくることができるので、新鮮な高濃度水素水を飲むことができます。
また、アルミパウチタイプの水素水よりもコストパフォーマンスが高く安価に購入することができます。

 

デメリットは、自分で作るタイプなので、手間がかかります。また高濃度の水素水にするには、生成剤を投入後に最長24時間かかります。
もちそん生成直後にのむこと はできますが、メーカーが謳っている高濃度ではなく、アルミパウチタイプの水素水と同じくらいの濃度で飲むことになります。

 

現在このタイプで販売している水素水メーカーは2社になります

 

また、ページ下部では、この2社の水素水の詳細も比較していますので参考にしてください
⇒【関連記事】水素水生成剤タイプの詳細比較

 

重要な選択ポイントは、コストと水素濃度になります。
また特別にお試しセットで安価に提供しているメーカーもあります。

 

コストパフォーマンスは500ml換算で計算していますので、そちらの数値も参考にしてください

 

セブンウォーター(7Water quasia)

セブンウォーター(7Water quasia)

セブンウォーター(7Water quasia)は、袋詰めされている生成剤を水を入れたペットボトルに入れてるだけで水素水を生成することができます。
ただし、水素濃度5.0ppmになるには、生成剤を投入後12時間かかります。7.0ppmの高濃度水素水になるには24時間必要です。
しかし、その分、水素水7.0よりも、コストパフォーマンスが優れています。
また生成方法も生成剤を投入するだけなので、水素水7.0よりも簡単です。作り置きが可能な方にも最適です

 

価格 容量

コストパフォーマンス
500ml換算

5600円 500ml 187円
最高水素濃度 生成時間 評価
7.0ppm

12時間後:5.0ppm
24時間後:7.0ppm

水素たっぷりのおいしい水

 

 

水素水7.0ppm aquela

水素たっぷりのおいしい水

以前は「水素水5.0ppm」という商品名でしたが、2013年に週刊文春で超高濃度が証明され、水素水7.0と後継製品となりました。
この水素水7.0ppm aquelaは、自分で生成剤を使い水素水を生成するのですが、生成剤は試験管の中で水素を発生し、ペットボトルの加圧を利用し水素水を生成するタイプです。
自分で生成した水素水の濃度を測定するために、水素濃度を測る試薬も同梱されているので、自分で確認することができます。
生成時間はセブンウォーターよりも速くつくることができ、10分で5ppm、24時間で7ppmの水素水を生成することができますが、その分セブンウォーターよりも金額が高めです

価格 容量

コストパフォーマンス
500ml換算

6800円 500ml 227円
最高水素濃度 生成時間 評価
7.0ppm

10分後:5.0ppm
24時間後:7.0ppm

水素たっぷりのおいしい水

水素水生成剤タイプの詳細比較

商品名 内容量 溶存水素濃度 お試し・初回価格 お試し価格コスパ お試し価格容量 お試し価格本数  
セブンウォーター 500ml 7 5,600 187 500 30 ⇒詳しく見る
水素水7.0 500ml 7 6,800 227 500 30