水素水の効果と効能について

例えば、外にさらしたままの鉄や釘などはそのままにすると錆びてしまいます。皮をむいたりんごも放置したままにすると茶褐色に変色してしまいます。
これは「酸化」と言われる現象なのですが、これとおなじように私たち人間の体内でも食べたものをエネルギーにするときに酸化が発生します。

 

また、人間は呼吸を10分と止めることはできません。呼吸によって酸素を取り込み、取り込んだ食べ物をエネルギーに変える時に、酸素の一部が、「活性酸素」を発生させます。
活性酸素の種類は大別すると4つあり、大きく分けると善玉活性酸素と悪玉活性酸素になります。善玉活性酸素は、細菌やウイルスに対し迎撃し戦ってくれるのですが、悪玉活性酸素は、正常な細胞に攻撃したり、DNAに攻撃したり、老化や病気、ガンの原因と言われています。

 

病気や老化の五大要因は、酸化、糖化、炎症、毒、栄養不良と言われ、活性炭素は病気の90%以上に何らかの影響を及ぼしてる言われています。

 

現在、活性酸素がもとで引き起こされた、または悪化したと考えられている、病気の研究データがあります。
活性酸素が関わる主な病気として以下の病気が上げられます。

 

 

循環器:動脈硬化、脳卒中(脳こうそく)心筋梗塞、再灌流障害

 

脳神経:パーキンソン病・脳浮腫・外傷性てんかん

 

呼吸器:慢性閉塞性肺疾患・喘息・肺気腫・呼吸窮迫

 

内分泌代謝:糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム

 

皮膚:アドピー性皮膚炎・やけど・日光皮膚炎・しみ・しわ

 

腫瘍:がんの発生・転移、がんの化学療法と放射線療法の副作用

 

眼科:白内障.未熟児網膜症

 

消化器:肝炎・膵炎・胃潰瘍・漬瘍性大腸炎・クローン病

 

血液系:異常ヘモグロビン症・薬物性貧血・播種性血管内凝固

 

泌尿器:糸球体腎炎・薬物性腎障害

 

その他:自己免疫疾患・膠原病・リウマチ・アレルギー・花粉症・痛風・歯周病